循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
高脂血症(動脈硬化)
高血圧
狭心症・心筋梗塞
不整脈
心不全

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
尿道炎・膀胱炎
前立腺炎・前立腺肥大
腎結石
ED

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
急性胃炎・急性胃腸炎
気管支喘息
痛風

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
医院概要・アクセス
よくある質問


循環器科 市川市 動脈硬化 市川医院
   痛風
痛風
ある日突然、足の親ゆびの付け根の関節が赤く腫れて痛みだします。
痛みは万力で締めつけられたように激烈で、大の大人が2、3日は全く歩けなくなるほどの痛みです。
発作的な症状なので痛風発作と呼びますが、これはたいていの場合、1週間から10日経つと次第に治まって、しばらくすると全く症状がなくなります。
ただし油断は禁物で、半年から1年たつとまた同じような発作がおこります。
そして繰り返しているうちに、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってきます。
このころになると、関節の症状だけでなく、腎臓などの内臓が侵されるようになってきます。
華々しい関節の症状と深く静かに進行する内臓障害。陽と陰のある病気ですが、陰の方が目立たないのが重要です。
痛風にかかるのはほとんどが男性。患者さん100人の中に女性は1、2名しかいません。
現代社会にあってさまざまなストレスと闘いながらも、それなりに元気に人生を送っている人の病気と言ってもよいでしょう。
痛風

原因は
痛風発作の原因は尿酸という物質です。
尿酸はどんな人のからだの中にも一定量あって、血液などの体液に溶けて循環し、尿の中に濾し取られて捨てられます。
ところが、何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えると、体の中に蓄積してきます。
溶けなくなった尿酸はナトリウムと塩(えん)を作り、結晶になります。
尿酸の濃度が高い状態が続くと、この尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着してきます。
痛風発作は、尿酸塩に対してからだの防御機構である白血球が反応し、攻撃する時に起こります。
尿酸塩が関節に溜まると痛風発作になりますが、他の臓器にも溜まります。なかでも腎臓には尿酸が溜まりやすく、痛風発作のある人は腎機能に注意が必要です。
さらに、痛風の患者さんでは心筋梗塞や、脳血管障害などの生命を脅かす成人病を合併する割合も高いのです。
原因は

その他の内科はこちら
急性胃炎・急性胃腸炎気管支喘息痛風

このページのトップへ

COPYRIGHT(C)2007 市川医院 ALL RIGHTS RESERVED.