循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
高脂血症(動脈硬化)
高血圧
狭心症・心筋梗塞
不整脈
心不全

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
尿道炎・膀胱炎
前立腺炎・前立腺肥大
腎結石
ED

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
急性胃炎・急性胃腸炎
気管支喘息
痛風

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
医院概要・アクセス
よくある質問


循環器科 市川市 動脈硬化 市川医院
   心不全
心不全
心臓のポンプ機能が低下すると、ポンプの出力が低下して、全身に十分、血液を送り込めなくなり、息切れ、疲れやすいなどの症状が出ます。
また血液の渋滞(うっ血)も生じ、肺うっ血による呼吸困難や全身のむくみが出ます。

心不全は種々の心臓病や、心臓以外が原因で起こり、心臓が最終的に至る生命の危険を伴う状態で、病名というよりは症候群です。また心不全のことを「うっ血性心不全」ともいいます。
心不全

原因は

  機械的障害
1.心臓の出口が狭くなる弁膜症や高血圧など、心室ポンプへの圧力が増加。(大動脈弁狭窄症、高血圧症など)
 
2.血液が心臓に逆流する弁膜症や、生まれつき心臓に穴のある病気(心室や心房の中隔欠損症など)で心室ポンプの出す血液量が増加。

3.心室への流入が障害。(僧帽弁狭窄症、三尖弁狭窄症)

4.心臓を包む膜の病気(収縮性心外膜炎、心タンポナーデなど)や、心筋が硬くなる病気(特発性心筋症、アミロイドーシスなど)で心臓への血液の戻りが障害。

5.心筋梗塞により心室にこぶ、瘤(りゅう)ができ、正常部分が収縮すると瘤に血液が逃げ、ポンプ出力が低下。

  心筋不全
1.心筋自体の障害(心筋梗塞、特発性心筋症、心筋炎、老化心など)

2.全身の低酸素に続発(貧血,慢性の肺疾患など)

3.全身のホルモン、代謝異常(甲状腺機能亢進症、低下症、脚気など)

  調律異常
1.長期の徐脈(洞機能不全症候群、完全房室ブロックなど)

2.長期の頻脈(心房細動、発作性頻拍症など)

その他の循環器科はこちら
高脂血症(動脈硬化)高血圧狭心症・心筋梗塞不整脈心不全

このページのトップへ

COPYRIGHT(C)2007 市川医院 ALL RIGHTS RESERVED.