循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
高脂血症(動脈硬化)
高血圧
狭心症・心筋梗塞
不整脈
心不全

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
尿道炎・膀胱炎
前立腺炎・前立腺肥大
腎結石
ED

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
急性胃炎・急性胃腸炎
気管支喘息
痛風

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
医院概要・アクセス
よくある質問


循環器科 市川市 動脈硬化 市川医院
   狭心症・心筋梗塞
心筋梗塞
冠動脈と呼ばれる血管が急速に細くなってしまったり、血管が完全にふさがってしまって血液が流れなくなり、心臓の機能が低下したり、心臓の筋肉細胞が死んでしまったりする病気のことを呼びます。

心筋梗塞はほとんどが急に出現しますが、知らず知らずのうちに出現してしまっている場合もあります。

死んだ心臓筋肉細胞の範囲と程度にもよることなのですが、不整脈や極端な心機能の低下をもたらすこともあり、突然死を引き起こす原因となることもある恐ろしい病気です。
心筋梗塞

原因は
心臓そのものに栄養、酸素を与えて、働かせているのが冠状動脈です。

その冠状動脈の硬化によって血管内が狭くなっている所に、血液の塊やドロドロの脂肪の塊や動脈壁の一部が剥がれて詰まり、そこから先の血流が途絶えてしまうことで、狭心症が起こります。

血液不足の状態が30分以上続くと、心臓壁の一部は酸素や栄養分が補給されなくなって壊死します。これが心筋梗塞です。

狭心症・心筋梗塞になりやすい人
ほとんどの病気には、「その病気になりやすい人」と「その病気になりにくい人」とがあります。
狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患になりやすい人とはどういう人かというと、

 1.高血圧症
 2.コレステロールまたは中性脂肪の高い人
   (高脂血症)
 3.喫煙
 4.糖尿病の人
 5.肥満
 6.尿酸の高い人(高尿酸血症)
 7.血縁に虚血性心疾患患者がいる人
 8.ストレスの多い人

などが上げられます。
これらの1つ1つを危険因子と言います。自分の持つ危険因子の数が多ければ多いほど、狭心症や心筋梗塞に気を付けなければいけないということになるわけです。
狭心症・心筋梗塞になりやすい人

その他の循環器科はこちら
高脂血症(動脈硬化)高血圧狭心症・心筋梗塞不整脈心不全

このページのトップへ

COPYRIGHT(C)2007 市川医院 ALL RIGHTS RESERVED.