循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
高脂血症(動脈硬化)
高血圧
狭心症・心筋梗塞
不整脈
心不全

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
尿道炎・膀胱炎
前立腺炎・前立腺肥大
腎結石
ED

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
急性胃炎・急性胃腸炎
気管支喘息
痛風

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
医院概要・アクセス
よくある質問


循環器科 市川市 動脈硬化 市川医院
   急性胃炎・急性胃腸炎
急性腸炎
厳密には1つの病気の診断名ではなく、腸に炎症を引き起こす疾患群の総称です。
すなわち、食中毒のような細菌によるものにせ よ、アルコールの飲みすぎのような物理化学的な刺激によるものにせよ、 腸に炎症を起こし、その結果、下痢や腹痛を生じさせる病気をまとめて急性腸炎と呼んでいます。
特に処置をしなくとも、自然に回復する軽い例から、入院治療が必要な重症な例まで急性腸炎のなかに含まれています。
おかされる部位および炎症の程度によって、症状の現れ方は異なるが、共通した症状として、下痢、腹痛などがあらわれます。吐き気や嘔吐を伴い、発熱がある場合には感染性の腸炎が疑われます。
下痢は水様性であり、大量であることが多いが、小腸に炎症が起こると、粘液の少ない便となり、大腸がおかされるとかなりの粘液便となり、血液や膿が混じるのが特徴であります。
腸の炎症のため、食べたものはほとんど吸収されず、悪臭やぶつぶつの泡が混じることもあります。
腹痛は、腹部不快感から差し込むような強い痛みまで様々です。一般に小腸 の炎症ではへそ周辺の痛みが多く、大腸の炎症では左または右側腹部痛が多くみられます。
全身症状として下痢に基づく脱水症状による脱力感、倦怠 感などが起こります。トイレに通うのが頻繁で、粘液の中に血が混じり高熱が出た場合は、入院が必要になります。
急性腸炎

原因は
急性腸炎は、その原因によって感染性と非感染性の2つに分けることがで きます。
感染性腸炎とは、細菌またはウイルスの腸管への感染により、腸の粘膜に炎症を起こすものをいいます。
細菌性腸炎には、赤痢菌やO-157、コレラ菌などの伝染病を引き起こすものや、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ 菌、カンピロバクター菌のような食中毒の原因となる菌が知られています。
ウイルス性腸炎は、流行する傾向があり、腸管ウイルスのエンテロウイル スによるものが多くみられるが、乳児下痢症の原因となるロタウイルスによるものも有名です。
非感染性腸炎では、アルコールの暴飲によるもの、特定の食物によって起こるアレルギー性のもの、抗生物質などの薬剤によるもの、放射線照射によるもの、かぜや一時的な体調不良、腸の血管の動脈硬化によるものなどがあります。
原因は

その他の内科はこちら
急性胃炎・急性胃腸炎気管支喘息痛風

このページのトップへ

COPYRIGHT(C)2007 市川医院 ALL RIGHTS RESERVED.