循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
高脂血症(動脈硬化)
高血圧
狭心症・心筋梗塞
不整脈
心不全

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
尿道炎・膀胱炎
前立腺炎・前立腺肥大
腎結石
ED

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
急性胃炎・急性胃腸炎
気管支喘息
痛風

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
医院概要・アクセス
よくある質問


循環器科 市川市 動脈硬化 市川医院
   尿道炎・膀胱炎
尿道炎
淋菌によって起こる淋菌性尿道炎と、クラミジアによって起こるクラミジア性尿道炎が大多数を占めます。通常の性行為の他に、口腔性交により咽頭から感染する場合があります。
 
■淋菌性尿道炎
潜伏期は感染機会からほぼ1週間以内です。
ほとんどの場合、はっきりした排尿痛と、下着を汚す様な膿が外尿道口から出ます。

■クラミジア性尿道炎
1-2週間程度の潜伏期があります。症状は軽く、尿道の違和感程度の事が多く見られます。
膿もあまりありません。自覚症状はないのに、パートナーの感染から検査し、クラミジア感染が見つかる事もあります。
抗菌剤の内服により、ほとんどの場合治療可能です。
感染させる危険性がありますので、完治するまで性交は控えます。
女性は子宮頸管炎、子宮付属器炎などで発症します。
当初自覚症状がない事も多く、放置すれば不妊症などにもなりますので、パートナーには婦人科を受診させてあげてください。
尿道炎

膀胱炎
女性に多い疾患です。
女性は尿道が短く膣や肛門に近く開口しているため、尿を我慢した時などにその付近の細菌が膀胱に侵入して繁殖する事により発症します。

排尿痛、頻尿、残尿感などが主な症状で血尿となる場合もありますが、発熱はありません。
発熱と腰痛がある場合には、炎症が腎臓まで広がり腎盂腎炎を起こしている事が考えられます。
膀胱炎

その他の泌尿器科はこちら
尿道炎・膀胱炎前立腺炎・前立腺肥大腎結石ED

このページのトップへ

COPYRIGHT(C)2007 市川医院 ALL RIGHTS RESERVED.