循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
高脂血症(動脈硬化)
高血圧
狭心症・心筋梗塞
不整脈
心不全

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
尿道炎・膀胱炎
前立腺炎・前立腺肥大
腎結石
ED

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
急性胃炎・急性胃腸炎
気管支喘息
痛風

循環器科 泌尿器科 動脈硬化 市川医院
医院概要・アクセス
よくある質問


循環器科 市川市 動脈硬化 市川医院
   高脂血症(動脈硬化)
高脂血症
血液中のコレステロールや中性脂肪、リン脂質などはアポ蛋白と結合し、リポ蛋白として血液中に存在し、私たちの生命活動に欠かせない働きをしています。
高脂血症とは、血液中の脂肪(普通はコレステロールや中性脂肪)が正常値を超え、体に悪影響を招く状態をいいます。
この際、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールは低値を示し、これも動脈硬化の危険因子となります。
高脂血症は自覚症状がないため、日常生活に支障をきたすことはありません。
しかし、そのまま放置しておくと、血管壁に脂肪が付着して動脈硬化を引き起こす原因になります。
高脂血症

原因は
原因は 高脂血症は遺伝的なものや病気が原因の場合もあります。
しかし中高年に見られる大部分の高脂血症は、遺伝的素因に加えて食生活の偏りから起こってきます。

コレステロールの多い食品や、甘いものの食べ過ぎなどエネルギーの過剰摂取と運動不足による肥満は、肝臓で造られるコレステロールや中性脂肪を増加させます。
肥満した人に高脂血症が多いのはこのためで、高脂血症を引き起こす最大の原因は太りやすい生活習慣なのです。

早期発見が鍵です
高脂血症には自覚症状がないため、知らないうちに動脈硬化が進行し、脳や心臓の病気になりかねません。

検査では、血液中のコレステロールと中性脂肪、HDLコレステロールの数値を調べます。
異常がある場合は、高脂血症の程度によって生活習慣の改善や薬物治療を行います。
早期発見が鍵です

その他の循環器科はこちら
高脂血症(動脈硬化)高血圧狭心症・心筋梗塞不整脈心不全

このページのトップへ

COPYRIGHT(C)2007 市川医院 ALL RIGHTS RESERVED.